2004年01月14日

7人だけのお葬式

ojlc8jrm.JPG

寂しかった。でもそれでもきっとお兄ちゃんは満足しているだろう。7人だけのお葬式の割には祭壇はとても立派で、そして、元気だったころのお兄ちゃんが黒いふちの中で笑ってた。

人間の抜け殻を初めて見た。蝉の抜け殻と同じだった。

そして、お骨はとても白かった。綺麗だった。そしてほかほかだった。

そこにはもうお兄ちゃんはいなかった。

でも話しかけたらかえってくる。心の中にかえってくる。魂はまだそこにいる!タバコに火をつけてお線香置きに置いたら、赤く燃えては消え・・赤く燃えては消え・・とまるで生前にタバコをおいしそうに吸っていたようにタバコの煙が揺らいだ。

夕方家に帰ったらまた、雪が降っていた。お兄ちゃんの残していった「さくら」が家の2匹のワンと待っていた。さくらを含めて3匹になった我が家のワンを散歩に連れて行った。寒かった。雪が降っていた。

明日からは、またなにもなかったように過ぎていくのだろう・・。でも私はおにいちゃんとのお別れのお話をぜったに忘れない。

大好きなお兄ちゃんは少し遠くに逝ったけれど、いつか会えると信じて、生きていこう。抜け殻になるまで・・。


at 22:45│