2008年01月02日

元旦の過ごし方

1年があっという間にすぎていくので、このままだとあっという間にしぬのかも知れない・・という、ちょっとした不安になるのが元旦。

でも、その割には去年の元旦はどう過ごしていたのか・・とか、去年元旦を迎えた瞬間なんかは意外と覚えていない。

昔は、早く年をとりたいと思っていたのにいざ年を重ねていくと、1つ2つサバを読んで年を答えてしまっている自分に唖然とする。

要するに往生際が悪い証拠だ。

普段と変わらない午前中がすぎて、今日は自分の好きなことをして過ごすことに決めている。

要するに、寝そべって本を読むこと。
「孫子の読み方」という本を先日購入した。
本当は「老子」に関する本を購入予定だったけど、とりあえずは目にとまった本を読んでみることにした。

昔の中国の偉人は的をついていることを言っている・・と思う。
でも、時代錯誤だと思うこともある。

そういう、時代錯誤のちぐはぐな所がちょっと気に入っている。



さて、今年は私にとってとても重要な年になるような気がする。

「気がする」というのは、どちらかというと「確信している」に近い「気がする」である。

・・・確信している・・・ということは、何か根拠があってそう言ってる・・という訳でもないけど、私の「女の直感」は、昔からかなりの定評があるので・・(私自身の中で・・)それを信じることにしている。


それはもちろん、仕事上の事である。



元旦から、犬の「う○ち」を踏んだ靴を洗ったから・・・とか、そう言う事だからかも知れない・・・。


さて、そんなこんなで、始まった2008年、皆様方にとっても素晴らしい一年になりますように、お祈りいたします。


at 20:33|Permalink

2008年01月01日

2008年  スタートです♪

旧年中にはたくさんの出逢いがあり、また、Moon Blanketという新しい仲間との新しい出発の年でもありました♪

私にとってとても試練の年でしたが、今年はもっとたくさんの人に私たちの思いを伝えることが出来るように頑張りますので今後ともよろしくお願い申し上げます。




*****************************



昨年年末に都内渋谷の「KABUTO」にて年末恒例ライブがありました♪

たくさんのご来場ありがとうございました♪


******************


さてさて・・今年は29日に都内にお住まいのGeorgeさん宅にお邪魔いたしました♪
俳優の入川保則さんとお邪魔しました。

9245434_689498283.jpg


いろいろな職業のプロフェッショナルな方々の集まりで、いろんなお話しを聞くことが出来楽しかったです♪
マジシャンの方のトランプマジック。。にはビックリ仰天でした♪

てっさと、てっちり鍋だったのですが、一生懸命食べました~!


9245434_2512227882.jpg



次の日がライブだったので早々に失礼することになり、(・・といっても、この時点で11時でした。。汗)スイーツを食べずに帰ったことが心残り・・・(T△T)

9245434_736368125.jpg


さて、素敵な年末を過ごして気がつけば2008年・・・。

本当に素晴らしい仲間たちに出逢えたことに感謝し、また音楽を続けていくことが出来る環境にも感謝し、今年も走り続けます~!!
今年もより多くの方々に私たちの思いを伝えることが出来るように、走ります~!!


皆様方にとって素晴らしい1年でありますように♪






at 19:56|Permalink

2007年11月07日

星になったこねこちゃん

先日の夜、仕事から帰ってワンコの散歩に行ったときのこと。。

隣の敷地に子猫がうずくまっているので、ワンコを家に入れてから様子を見に行くと、どうも変・・・

冷蔵庫から「おじゃこ」を持っていっても食べる様子もなく、倉庫の奥に隠れてしまっているので、パパを呼びにいき、子猫ちゃんを出してもらった。

片手に乗るほどの小さなにゃんこ・・・。

ゴロゴロ・・・・と、言ってるけどどうも、元気がないし、がりがりに痩せている。

パパがずっと子猫をだっこし、マッサージしたけどやはり元気なし・・

スポイドで暖めたミルクをやってフカフカのベッドをダンボールで作り、様子を見ることにした。


ゴロゴロ。。。と、ニャンコはとってもかわいらしい目で私を見て、気持ちよさそうに眠っているので一安心し、私も就寝。


朝、目覚めると、パパが

「昨日のにゃんこのことは無かったと事にしなさい」

・・・という。

「どういうこと???」


「・・・・」


「朝、天国に行ったよ」


「もう、山の上の景色のよく見えるところに、お墓作ってきたから・・・」



・・・・・もしも、夜間救急で病院に連れて行ってたら死ななくてすんだのかも。。



とか、



・・・・・安心して眠らずにずっと側にいてあげてたら良かったのだろうか??



とか、


お腹が空いてきっとみじめであんなに小さい身体できっと淋しかっただろう。。。


とか、


いっぱい考えた。


もっともっと生きたかっただろうに、本当に命のはかなさを痛感した。



名前もなく、一晩だけ我が家のにゃんこだった子だけど、きっと、一生懸命に生きようとしたんだろうと思い、私も頑張ろう・・・・って思えた事件でした・・。

at 03:58|Permalink